ほがらか文庫

人がさがしてくれた自分 ー 本読む

ほがらか文庫047:「読んでいない本について堂々と語る方法」ピエール・バイヤール著

 ひとりひとりの人生の小さな物語を大切にしたい。

 

日本人がなぜハワイが好きな人が多いのか。

それは、あのビーチへの憧れだけではない。

多くの日本人がハワイへ行って、幸せなひと時を過ごしたからだ。

世界中で様々な踊りがある中で、日本でフラダンスを踊ろうとするのか。

それは、ハワイでフラダンスを観て楽しんできたからだ。

日本で聞くにはどうしても合わない(と私は思う)ハワイアンミュージックを流す。

それは、ハワイでの自分だけの幸せな物語があって、それを思い出すためだ。

 

たとえば、毎日使うごはん茶碗にだって、小さな物語がある。

母の日に母たちと陶器市に行って、そこで見つけたお気に入りのお茶碗だとか。

ご近所で陶芸教室を開いている先生が作陶したお茶碗だとか。

 

1本の焼酎にも物語がある。

夏休みの旅行で行った熊本県人吉市の酒造で求めてきた。

閉店時間の酒蔵に飛び込んでから小一時間。

親切ていねいに焼酎の成り立ちを説明してくれた。

それだけではない。

あの町の雰囲気。旅館の趣き。球磨川のたたずまい。

それは、私だけの人生の小さな物語。

 

ふだんはそのことを多く語ろうとはしないけれど、

誰もが心の本棚にそっと並べているであろう、

ひとりひとりの人生の小さな物語を、

大切にしたい と私は思っている。

 

そして時にはその中のどれか1冊でも、数ページでも、

誰かと話し合えたらいい。

 

たとえ目の前に置いてある本を読んでいなかったとしても。

f:id:akiko4595:20180813071234j:plain

ほがらか文庫046:「人体 5億年の記憶」布施英利著

昨夜の酔いが残っていて、めずらしく朝食のご飯を抜いて今。

ちょっと小腹が空いてきたところで。

さて、ご飯を食べるか、文章を綴るか。

食べてから書いた方が良いのか、

空腹を抱えたままの方が良いのか。

そんな問答が私の中で展開されている。

 

「私の中」

 

さあ、それはどこなのでしょう。

脳なのか、胃袋なのか。

はたまた口なのか、腸なのか。

 

「西洋医学もそこまできましかたー」

月イチのメンテナンスで通う整骨院の先生が、

私の体に謎めいた治療を施しながら、言う。

 

整骨院まで片道1時間半をかかるその道中で、読んでいた本に、

“こころは内臓”にあると書いてあったのだ。

 

息が詰まる

息を抜く

腑に落ちる

など

たしかに、心情を表すのに身体の機能があてがわれている。

 

この本では、「こころ」と対照的な位置付けとして「意識」があり、

それは脳や骨、筋肉、神経につながっていると書かれていた。

 

こころー内臓ー植物的な体

意識ー筋肉・骨・神経・脳ー動物的な体

 

このように分類している。

 

意識ばっかりが肥大している現代人。

今の人間も進化の途上だとしたら、

あと数億年もしたら、もっと頭部が大きくなるのでは。

それは欲望にまみれた、成れの果てのような姿だ。

なんて、想像を私はしてしまう。

 

もっともっと、(植物的な)こころを大切にしよう。

との現代への警鐘でもある解剖学の見地だと、

私はとらえている。

 

そして今日もこころのままに生きていきたい。

f:id:akiko4595:20180804100034j:plain

 

ほがらか文庫045:「勉強の哲学」千葉雅也著

P.117「言語とは傷跡です。(中略)勉強とは、新たに言葉に出会い直すことで、その「言語の痛気持ち良さ」をまた反復することなのです。」

 

個人的に痛気持ちいいのは大好物w

でも、まさか言語が傷跡だったとは!

私たちは、私は傷だらけ。

そう考えると、これまで気の向くままに新しい言葉を求めて読書してきましたが、これからは少し慎重に本を選ぶかもしれません。

 

とりあえず、今の自分の環境的なノリを俯瞰して見てみよう。

そこから新たに学びたいキーワードを抽出して、今のノリからいったん外れることで痛気持ち良さを味わおう。

 

それからこの本には、子どもの時から、地球上で今起こっているすべてのできごとを把握たいという私の欲求の対処法が書いてあった。

P.136「世界の真理がついに明らかになる「最後の勉強」、そんなものはあるのか?(中略)「最後の勉強」をやろうとしてはいけない。「絶対的な根拠」を求めるな、」

そうそう、中学生くらいから思っていた。

「宇宙の真理は私が見つける!」とw

その夢は大学くらいであきらめたけど。

というかちょっと違う方向でそのテーマをすり替えて気持ちを収めたんだ。

このあたりも、私のこれまでのノリのキーワードになっている。

 

本の後半で著者は、「決断ではなく中断」という考えかたで「勉強を有限化する」方途を示している。

  

読み終わるまで眠れなかった初めての本かもしれない。

読んだ後も眠れなかった。

あれから1週間。これにて読後のアウトプットをひとまず中断して、新たなノリへと踏み出そう。

f:id:akiko4595:20170826064846j:image

 

 

ほがらか文庫044:「日本人はどう住まうべきか?」養老孟司・隈研吾著

京王線高尾山口駅が新しくなってしばらくが経ちましたが、これが隈研吾さんの設計なんですね。

そうと知る前も知った後も、私はそこに足を運んでしばしその建築物を見ています。

たいてい屋根というのは上から下への流れをもって作られるところを、ここの駅の正面は敢えて下から上に向かい、そのベクトルの先には高尾の山並みが続いている。

そのデザインを実は今建設途中のあの新国立競技場にも取り入れている。

そんな話を隈研吾さんご本人から直接伺ってきたのが、この夏の思い出。

 

この隈研吾さんの基調講演があると知って、予習のために読んだのが今日の1冊。

タイトルと言い、お相手が養老孟司さんだと言うから、「読むならまずこれでしょ」という勢いで。

私がぼんやりと考えていることを、ズバズバ言ってくださっていて、興奮して内容を周りに話したら、そのあと2人がこの本を読んでくれた。

 

そうね、住宅購入を考えている人は決める前に読むといいかも。

まず住宅ローンの歴史を知れます。

以前から、身の丈に合わない借金を生涯背負うような住宅の買い方に違和感をもっていた私は、この本を読んですっきりしました。

この違和感は間違っていなかったな、ということ。

 

それと超高齢化社会の日本において「どう住まうべきか」はとても示唆深い。

また、そもそも住居の役割って?というところにも触れられているし、東日本大震災を建築家の視点から語り合っているところも、日本人なら誰でも興味があるでしょう。

 

とりあえず東京オリンピックの予習ということで、いかがでしょうか。

f:id:akiko4595:20170825211505j:image

 

 

ほがらか文庫043:「あてなよる 大原千鶴の簡単・絶品おつまみ帖」

私の読書は始めから終わりまでの文字すべてを読んで、読了としています。

でも、「いつまでも読み終わらない本」があります。

それがこのお料理本です。

 

f:id:akiko4595:20170808202419j:image

 

NHKBSプレミアムで不定期に放送される「あてなよる」。

http://www4.nhk.or.jp/atenayoru/

そこで繰り広げられる酒宴のレシピが本になりました。

この本の売りは、番組では伏されているお酒の銘柄が紹介されているところ。

とは言え、ここに出ているお料理の美味しさと作りやすさのセンスは、誰しもが大原さんの大ファンになるでしょう。

なにより私ども夫婦は、録画したこの番組を見ることがいちばんの“あて”になっている気がします。

同じ放送を何度見ても、いい気分にさせてくれるのです。

 

始まりも終わりもなく、いつまでも見ていたい、読んでいたい本。

さて今夜は何をつくりましょう。

 

ほがらか文庫042:詩人 谷川俊太郎さんに会う

かの有名な詩人の姿を感じたくて、私はその時を待った。

 2017年6月某日 立川。

 

会場に早めに着いたものの、全席自由席の開場待ちの列はできていなく、様子を見ながら、しれっと会場入口に近いロビーのソファに腰かける。

いつ椅子取りゲームの戦いが始まるのか、競争心なく育ったひとりっ子の私はソワソワしながらも、次の動向を見守る。

しかし、そしらぬふりを気取ってスマホをいじっていたら、いつの間にかその世界に入っていた。

次に顔を上げたときには、椅子取りゲームは始まっており、完全にひとり椅子を取れないで輪の外に立ち尽くす。

それでもなお冷静を装いながら、会場入口からは遠い最後尾を足早に目指す。

 

仕方なし…

 

ところが会場に入ってみると状況は悪くなかった。

登壇者二人を横長の半楕円状に囲むように座席が配置され、真正面はもう埋まっていたもののサイドの最前列はまだ充分残っていた。

 

ここからが問題だ。

登壇者の二人の向かい合う椅子…

わからない、どちらに谷川さんが座るのか。

椅子取りゲームの瞬発力が今求められている。

今度こそ…

 

賭けに出た私は、谷川さんが座るだろう椅子から視線がまっすぐ届く最前列を確保した。

しかし、本人が登場するまではまだ勝負はわからない。

 なんともスリリング数十分を過ごしたのち、二人が登場。

 

私はついに勝者となった。

 

これからここで谷川さんの発する言葉はひとつも取りこぼしたくなかったし、忘れたくない、という欲求を払拭し私はペンをしまった。

記録を残すより、この目と耳と心で、谷川さんを感じることにした。

 

 で、何を感じたかって?

 

人間でした。

しっかりしたおじいちゃん。

 

あとは…

 

秘密です!

ほがらか文庫の図書室でお話ししましょう。

f:id:akiko4595:20170709174009j:image

 (この時に買った本。中学生の頃「散文」を読んだのが懐かしい。)

ほがらか文庫041:歌人 東直子さんに会う

新しい月を迎える前に、この月のできごとなりを振り返ってみる。

そうだ!今月は谷川俊太郎さんと東直子さんに会ってきたんだ!

もう、その残像が歩いてきた道のだいぶ後ろにあって見えるか見えないか、そんな記憶になっている。

でも、色あせずに息づいている印象がいくつもスライドショーのように私の頭の中で上映を繰り返した1ヶ月。

 

そのスライドショーの一幕は、東直子さんのサインを求めて対面したあの時。

贈り手の名前をたずねられて答えたあとの歌人の言葉。

 

「朗らかという文字は、なにか意識している感じがしますね。」

 

かれこれ三十数年つきあってきた、“朗”というこの文字の持つ響きをなかなか捉えられずに生きてきた私にとって、歌人のこの一言は、私の人生を決定づけられたようなインパクトがあった。

 

さすがプロは違う。言葉へのまなざしが違う。

などど、素人ながらに一歩言葉の深い世界へ足を踏み込んだような、いや私だって詩のひとつも書けるような気にさえなってしまう、ちょっと浮かれたスライドショーの余韻である。

 

ともあれ、“ほがらか”という人生のテーマを与えられた私にとってこの言葉は、いついつも私に課題を投げかけてくるのである。

 

 f:id:akiko4595:20170629075247j:image

(サインしていただいた本)