ほがらか文庫

本と人に出会う喜びを

ほがらか文庫028 : 「表参道を歩いてわかる現代建築」大和書房

昨日読み終わった本のご紹介。

 
「表参道を歩いてわかる現代建築」大和書房

f:id:akiko4595:20141216220302j:plain

"表参道"にも"建築"にも興味がありました。
 
そのふたつの興味を繋いだのが、
私が時々聞いている朝のラジオ番組。
ちょうど、今月の初めは表参道に出かける予定もあったので、
そのことがこの本を手に取る後押しにもなりました。
 
わたくし、東京生まれの東京育ちですが、
表参道界隈に馴染みがありませんでした。
キャットストリートの場所がどこかも、
この本を読むまでわかりませんでした。
もちろんそんな通りの名前など知らずに、
歩いたことはありましたけど。
 
そんな私が昨年、
人に勧められて通い始めた美容室が表参道にあり、
それから何度か訪れるうちに、
少しずつ楽しめるようになってきておりました。
 
未だブランド店の扉の前に立つ度胸はありませんが、
この本を読むと、
そのブランド店の建物の外観だけでも、
充分に表参道らしさを味わえることを知ることができます。
 
また外苑・内苑と言われる、
この周辺地域全体の歴史的背景も知ることができ、
ひとつの街が、
地域、時代、人、建物によって、作り上げられていくという、
長期的スケールで把握する面白さも味わうこともできます。
 
私はたいがい、読みたい本が見つかっても、
すぐに飛びつかず、本当に読むべき1冊か、
熟成させる期間を持ちます。
なぜなら、読みたい本がたくさんあるので、
今、この時に読む本を厳選しなくてはならないからです。
しかし時々こうして、不意に寄り道をしたりもします。
いや、むしろすべてが寄り道かもしれませんね。