ほがらか文庫

本と人に出会う喜びを

ほがらか文庫013 : 「人類の星の時間」シュテファン・ツヴァイク著

私は強い刺激を受けるとすっかり感化されるタイプです。

ストレングスファインダーの結果の中ですと“適応力”に当てはまるのでしょう。

ちなみに私の強みは、“内省” “収集心” “学習欲” “適応力” “責任感”です。

これらが良い面として発揮されれば聞こえが良いのですが、時には負の面として発動します。

すると“適応力”ゆえの、目の前で繰り広げられる世界にすっかり呑まれていくことが負の面なのかなと、自分では思っています。

 

つまり、この本を読んですっかり呑み込まれています、ということです。

「人類の星の時間」シュテファン・ツヴァイク

 

なので、読後の思考が止まってます。

ここに綴られている真実の物語は、とても大きな運命の瞬間です。

その前に立った時、いったい1人の人間が何をすることができるのでしょう。

でも、彼らは歴史に残る偉業を果たすのです。

 

今の私にはこれ以上、言葉がでません。

考えられるとしたら、この続きとなるような現代版「人類の星の時間」を読みたい。

この本は20世紀の初めまでの記述なので、それ以降「人類の星の時間」と呼ぶべき歴史があったのか。もちろん起きたでしょう。

もしそんなことを語り合うことができたなら、私の思考も回転しはじめるかもしれません。

 

この本は間違いなく、古典・名著として輝く一書です。

そしてこの本は間違いなく、ほがらか文庫に並ぶ一書です。

 

テロや戦争、核兵器の脅威が今もなくならないこの地球で、世界の平和にとってはあまりにもちっぽけに私は立っています。

でも無力感に呑み込まれたらいけない。だから考え悩み続けていくことをやめない。

だって答えはもう出ているのだから。

 

「どんな道徳的秩序も、暴力を用いて無理に手に入れることは決してできはしない。一つ一つの暴力は必ずまた暴力を生み出すのだから。君たちが武器を取ればただちに新しい圧制を君たちは作り出すのだ。君たちは圧制をほろぼしはしないで、それを永久に永びかせることになる。」人類の星の時間〜神への逃走 より抜粋

f:id:akiko4595:20150120105627j:plain

 

追記 2015.3.21

ついにこの素晴らしい本を手にいれることができましたので、ほがらか文庫に並べます。