ほがらか文庫

本と人に出会う喜びを

ほがらか文庫036:「シリコンバレー式 自分を変える 最強の食事」デイヴ・アスプリー著

巷で噂(?)のバターコーヒーを知っていますか?

中年に近づくと何かと健康の話題に花が咲き、最近その中で浮上したキーワードが「バターコーヒー」でした。

私が本好きなことを知ってか、その謎の飲み物の正体が、そっと私の職場の机に置かれていたので読んでみました。

f:id:akiko4595:20161007184924j:plain

 

さあ、私がこの「バターコーヒー」とやらを読み解きます!

ポイントは4点。

 

バターコーヒーだけを飲んで痩せることが著者の主張ではありません!

著者はこのバターコーヒーを朝食にして、そのあと1日の中でどの時間帯に何を食べるといいのかも明確にしています。またこのプログラムをまず2週間続けることで、体をリセットさせ、その後自身の体質を知るために調整していくという一連の流れの中で食事法を提唱しています。ですので、バターコーヒーだけを飲んで痩せることが著者の主張ではありません!

 

②セレブやトップアスリートにこのメソッドが広がっていると書いてありますが、コーヒーに入れるべき、グラスフェッドバターは庶民がデイリーユースにはできない価格帯。つまりセレブやトップアスリートにしか継続はできません!

グラスフェッドバターとは、穀物飼料ではなく牧草のみで育てられた牛から作られたバターのこと。この商品を検索すればすぐ分かりますが、一般家庭で今までの朝食をやめてこのバターコーヒーだけにしたとしても大赤字になるでしょう。さらに著者は、お肉としていただく牛もグラスフェッドのものを推していますから、2週間のプログラムがたやすくできるものではないとすぐわかるはず。

 

③安心すべきは、この著者は結構まともなことを言っている!

なぜなら、この本で食べ方や食材を並べるごとに、これが「体に合う人もいれば合わない人もいる」と書いているからです。万人がバターコーヒーで痩せたり健康になったりするなんて、そんなことはどこにも書かれていません。

 

この本から学ぶべきは、著者自身の人間の体に対する探究心!

これに尽きます。結局は自分で色々試してみて、体に合う食べ物を認知していくこと。もっと自分の体の仕組みを知っていくこと。だってホルモンは肝臓で作られていることを知っている人がどれほどいるでしょう。著者がこれまで体験してきたあらゆるダイエット方法を真似することはできませんが、こういう風に自分や家族の体に探究心を持つことを私はこの本から学びました。

 

いつもとは違った切り口で、一気に書き上げた千文字でした。

ご参考まで。