読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほがらか文庫

本と人に出会う喜びを

ほがらか文庫040:「まだまだ知らない夢の本屋ガイド」

あまり小説の類いを読まない私に、想像力の価値を教えてくれた一冊です。

 

図書館の貸出カウンターに寄るとき、

ふと横目で新着図書コーナーを見るのは本好きには欠かせない情報収集の一瞬。

まさかのフィクションとは知らず、タイトルと目次に惹かれてお持ち帰り。

こうやっていつも予定より多く本を借りるのはお決まり。

 

で、よく読んでみると実在する本屋の話ではない…

ちょっと目論見が外れてテンション下がる。

ま、これも何かのご縁だから読みましょう。

 

と読みはじめたら、まあ面白い!

さすが書店員たちが想像する夢の本屋の物語。

どの夢の本屋もありそう、いやあって欲しいと思う。

なんならアイデアを拝借して私がこの夢の本屋を開きたい。

そんな、本好きにはたまらない一冊です。

 

もちろん読後にはそれぞれ書かれた店員さんのお店もチェック。

こっちはリアル本屋なので、一度は足を運んでみたい。

楽しみがまたまた増えてしまいます。

 

ああ、人ってこうやって想像して創造していくんだって、だから物語は必要なんだって教えていただきました。

f:id:akiko4595:20170501074411j:image