ほがらか文庫

人がさがしてくれた自分 ー 本読む

ほがらか文庫047:「読んでいない本について堂々と語る方法」ピエール・バイヤール著

 ひとりひとりの人生の小さな物語を大切にしたい。

 

日本人がなぜハワイが好きな人が多いのか。

それは、あのビーチへの憧れだけではない。

多くの日本人がハワイへ行って、幸せなひと時を過ごしたからだ。

世界中で様々な踊りがある中で、日本でフラダンスを踊ろうとするのか。

それは、ハワイでフラダンスを観て楽しんできたからだ。

日本で聞くにはどうしても合わない(と私は思う)ハワイアンミュージックを流す。

それは、ハワイでの自分だけの幸せな物語があって、それを思い出すためだ。

 

たとえば、毎日使うごはん茶碗にだって、小さな物語がある。

母の日に母たちと陶器市に行って、そこで見つけたお気に入りのお茶碗だとか。

ご近所で陶芸教室を開いている先生が作陶したお茶碗だとか。

 

1本の焼酎にも物語がある。

夏休みの旅行で行った熊本県人吉市の酒造で求めてきた。

閉店時間の酒蔵に飛び込んでから小一時間。

親切ていねいに焼酎の成り立ちを説明してくれた。

それだけではない。

あの町の雰囲気。旅館の趣き。球磨川のたたずまい。

それは、私だけの人生の小さな物語。

 

ふだんはそのことを多く語ろうとはしないけれど、

誰もが心の本棚にそっと並べているであろう、

ひとりひとりの人生の小さな物語を、

大切にしたい と私は思っている。

 

そして時にはその中のどれか1冊でも、数ページでも、

誰かと話し合えたらいい。

 

たとえ目の前に置いてある本を読んでいなかったとしても。

f:id:akiko4595:20180813071234j:plain